本文へスキップ
ホーム 賃貸物件 売買物件 会社案内 お問合  
FAQ 不動産売買に関するよくある質問
お客様からの不動産の売買に関するよくある質問をまとめました。
その他不明な点やご質問などありましたら、お問い合わせページからお寄せください。


 Q1、 売り出し価格はどうやって決めるの?
  
 
A、 弊社が提示する』査定価格を参考にして、売主が決めるのが、
  一般的です。売主の『希望価格』と『査定価格』に差がある場合は、
  当社の担当者と十分にご相談ください。



Q2、 住みながら売却はできますか?
  
 
A、もちろん可能です。中古物件の場合、居住中のまま売却
する形も多々あります。


 Q3、 住宅ローンが承認されなかったらどうなりますか?

 
A, 買主様が住宅ローンをご利用される場合には、買付証明書を提出する際に
   ローン条項を契約に入れますと書いて、売主様にお渡しします。実際の契約
   書にもローン条項を入れますので、住宅ローンが万が一否決された場合
   には契約を白紙に戻し、手付金等の授受があれば、直ちに買主様に返却さ
   れます。必ず契約の前に十分なご説明をいたします。


 Q4、  売却する前に準備するものは、何ですか?

 
A, 売却相談は、所有不動産の詳細が分かるものを準備すると、相談が
   スムーズに進みます。
   ・権利証(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です)
   ・謄本や公図
   ・土地の測量図面や建物の図面など


 Q5、  購入の際の諸経費などは、どのくらい必要ですか?

 
A、 現在、多くの金融機関で頭金なしで、住宅ローンを組むことが可能です。
  住宅ローンを利用する場合、多くの都市銀行及び地方銀行では物件価格
  (または、銀行による物件の評価額)全額の借入が可能です。
  但し、各行の審査基準により、個別の審査がありますのでお借入れをされる
  お客様及び物件の条件によっては、借入金額が減額される場合もありま
  す。その場合は、いくらかの頭金が必要になります。
  また、購入の際には頭金のほかに、登記費用や手数料等の諸費用が必要
  です。
内訳をもう少し詳しくご説明しますと、
  ・所有権移転及び抵当権設定登記費用
  ・印紙代
  ・固定資産税等の精算金
  ・仲介手数料
  ・ローンを組むための保証料 ・融資手数料 ・火災保険料など
  
  物件により、また借入の条件により増減しますが、物件価格の10%くらい
  金額を目安とお考えください。
  更に、中古物件の場合ご購入後のリフォーム費用も考えておく必要があり
  ます。












 

担当連絡先

お問い合わせは
093−603−9122お待ちしております。
メールでのご希望は、お問い合わせページからご利用ください。


NEW
information

不動産便利帳

インターネットにある豊富
な不動産に関する情報の
中から役立つのものを
厳選しています!



売買物件お探し
  依頼フォーム


売買物件の依頼を
簡単なフォームで2分で完了


無料査定依頼
  フォーム


売却不動産を無料査定いたしましす。


不動産売買よくある質問

不動産売買に関するよくある質問をまとめました























 福岡県知事免許(3)第14956号   福岡県宅地建物取引業協会会員
  
たかはた不動産 有限会社タカハタ              
 TEL093−603−9122  FAX093−603−9144